令和四壬寅式年造営御柱祭

令和四壬寅式年造営御柱祭の御柱関係スケジュールおよび実施内容

日程行事内容
令和3年(2021)10月10日現場下見準備係と業者で1の柱、2の柱の現場を下見して、支障木・切り出し市の確認を行いました。
11月現場整備支障木の伐採および現場整地などの作業をしました。
12月根ほり1の柱、2の柱の根ほり作業をしました。
令和4年(2022)2月6日山神祭一の柱(塩沢)・二の柱(立屋)を切出して注連掛場(しめかけば:上和)に安置。
注連掛祭
2月27日御柱おろし平成28年神社境内に建てられた御柱を横たえます。
5月3日御柱大祭当日
5月4日建御柱祭
未定御柱(次期)見立祭

令和四壬寅式年造営御柱祭の御柱関係以外のスケジュールおよび実施内容

   
令和3年(2021)11月6日若殿推挙実行委員会正副委員長が町区の横矢匠様宅を訪問し、長男の横矢直己さんに若殿を依頼し承諾をいただく。
11月音頭取りの人員決定8名が決定し、11月7日に初打合せを行い、令和4年2月6日の山神祭にむけて練習が始まる。
11月長持ちの人員決定(小根山)町長持、上和長持、立屋長持の3棹が参加決定。町長持には育成会の子供たちもいっしょに参加する。
11月梃子の人員決定各区から25名が選出される。